【感想】ワンピース第1002話「四皇VS新世代」ゾロが活躍する展開しか見えない!

ストーリー
ストーリー

第1002話”四皇VS新世代”の感想になります。

前話では、ルフィ、ロー、キッドの三船長の意地の張り合い、そしてゾロとキラーを含めた5人の技が披露されました。

カイドウは小手調べとして全ての技を受け、驚いているのと同時に喜んでいるようにも思えました。

ゾロ:三刀流煉獄鬼斬り
キラー:斬首爪(クロー)

さらに3船長が次々に攻撃を続けていきます。

ルフィ:ギア4 ゴムゴムの猿王銃(コングガン)
キッド:磁気魔人(パンクロットン) 磁気万力(パンクヴァイス)
ロー:ROOM タクト

カイドウには効いた様子はありませんが、お前らが死んだら仲間も宝も何もかも貰うと言い、ビッグ・マムもお前達が持っているポーネグリフが楽しみだと・・・。

そして、勝った奴が大きく近づく!!!「海賊王」にな!!!とカイドウが言い放ち、今週号へ。

 

↓詳しくは第1001話の感想の記事を参考にしてみてください。

【感想】ワンピース第1001話「鬼ヶ島怪物決戦」5人の技が炸裂!!だが無傷
第1001話"鬼ヶ島怪物決戦"の感想になります。 前話では、ルフィ、ゾロ、ロー、キッド、キラーがついにカイドウ、ビッグ・マムと対峙。 おでんの日記についても徐々に明らかになり、カイドウを倒すのは「次の時代を担う強力な海賊達」だと...



第1002話のあらすじ

お菊の左腕を奪ったカイドウのカマイタチっぽい技「壊風(かいふう)」という名の攻撃。

ローは消えて避け、キッドは体に纏った鉄クズが壊されるも問題ない様子。

近くにいたキラーは普通に避け、ゾロは余裕ではじいて起動を変えています。

ルフィが「ゴムゴムの猿王回転弾(コングライフル)」でカイドウに反撃、さらにキッドが龍の頭を捕まえ「破壊弦(スラムギブソン)」。

ローが心臓部にあたりをつけて「ガンマナイフ」、キラーも「鎌阿音撃(カマアソニック)」で体の内部を攻撃。

 

しかし、ビッグ・マムの雷攻撃「威鼓(インドラ)」がキラーに直撃し、カイドウが目の前に落ちてきたキラーに「熱息(ボロブレス)」を構えるもルフィが「犀榴弾砲(リノシュナイダー)」で攻撃。

ゾロがローに飛ばせと指示し、「焔裂き」で炎を斬り裂きルフィを守り、さらに一刀流「飛竜火焔(ひりゅうかえん)」で攻撃。

マムが「避けな!!カイドウ」と叫んだお陰でカイドウは回避、ゾロはかなりの体力を奪われた技のようで、マムの雷攻撃「天満大自在天神」を受けてしまいます。

ルフィにはゴムなので効かず、熱息も根性で効いていません。

 

最後に「猿王銃乱打(コングガトリング)」をカイドウにめちゃくちゃ打ち込んだところで、次回へ。

・新世代たちの技
・四皇の技
・余裕でカマイタチをはじくゾロ
・ゾロの技にビッグ・マムもビビる
・カイドウがゾロにおでんの影を見る
・カイドウに攻撃が効いていない
・エネル戦を思わせる「ゴムだから」

新世代たちの技

前話から、ルフィ、ロー、キッド、ゾロ、キラーが技をカイドウに繰り出しまくる展開が続いています。

それぞれキャラごとにまとめると・・・

ルフィ
・ゴムゴムの業火拳銃(レッドロック)
・ゴムゴムの猿王銃(コングガン)
・ゴムゴムの猿王回転弾(コングライフル)
・犀榴弾砲(リノシュナイダー)
・猿王銃乱打(コングガトリング)
ロー
・シャンブルズ
・ROOM タクト
・ガンマナイフ
キッド
・磁気魔人(パンクロットン)磁気万力(パンクヴァイス)
・破壊弦(スラムギブソン)
ゾロ
・狐火流焔裂き
・三刀流煉獄鬼斬り
・一刀流飛竜火焔(ひりゅうかえん)
キラー
・斬首爪(クロー)
・鎌阿音撃(カマアソニック)

ローだけ新しい技が出て来ていませんが、今後大技が出てくるのでしょうか・・・?

キラーも音楽関係の技名を繰り広げ活躍したとたんに、マムの餌食になってしまうのは悲しい・・・もちろん効いてはいないと思いますが。

SMILEも食わされてさんざんな目に遭っているので、もう少し活躍を見ていたい気もします。

 

ところで、キッドはカイドウにボコられてからパワーアップしていないし、体の内部からの攻撃もできそうにないけどどう戦っていくのだろうか。

まさか、鉄クズのパワーだけで押しきりたい考えなのか!?

覇王色の持ち主だという所を見せつけてくれるはず・・・!!

四皇の技

新世代の5人に対して、カイドウとビッグ・マムも攻撃を仕掛けています。

ただ、今のところはまだ様子見なところがあるっぽいですね。

戦いを見ていると、カイドウよりもビッグ・マムのほうが戦い慣れしてるし頭も賢いっぽいですね。

 

カイドウは龍のメリットを活かし切れていない気もするし、口からカマイタチだの炎だの放ってくるだけだし。

マムの雷攻撃はすごいんだけどエネルのほうが規模がヤバかったので、そんなに驚けないないなあ・・・。

カイドウ
・雷鳴八卦
・壊風(かいふう)
・熱息(ボロブレス)
ビッグ・マム
・天上の火(ヘブンリーフォイア)
・威鼓(インドラ)
・天満大自在天神

余裕でカマイタチをはじくゾロ

カイドウの「壊風」は、お菊の左腕を奪った強力な技のはずです。

が、ゾロは余裕ではじいていましたね。

とうことは、やはり赤鞘九人男のレベルとゾロのレベルは段違いってことになりそうです。

狂死郎と戦った時は、ゾロも相手が本気出していないと分かって力を抑えてたってことかもしれませんね。

もちろん、赤鞘のメンツも普通に強いけど、それ以上にゾロが強いってことですが・・・。

ゾロの技にビッグ・マムもビビる

カイドウの「熱息」を「焔裂き」で斬った後に、繰り出した大技の一刀流「飛竜火焔(ひりゅうかえん)」。

もし直撃できていれば、かなりのダメージを与えることができたかもしれません。

ビッグ・マムが余裕ぶっこいてるカイドウに対して、「避けな!!カイドウ」と叫んでアドバイス。

そのお陰で避けることができ、斬撃はドーム屋上のドクロの角を斬るだけになってしまいました。

 

このやりとりどこかで見たことあるなと思ったら、ドラゴンボールのベジータとナッパのやり取りやん!?

クリリンの放った気円斬を受け止めようとしたナッパに、避けろと言ったベジータ・・・まさに一緒の構図。

そう思ったら、カイドウが小物に見えてきてしまったのだがどうしよう・・・。



カイドウがゾロにおでんの影を見る

閻魔を振りかざして「飛竜火焔(ひりゅうかえん)」を繰り出そうとするゾロにおでんの影を見たカイドウ

なぜあいつの刀に!!
“おでん”の気配がのってる!!?

おでんの刀を持っているというのもありますが、ゾロがワノ国の流派(コウ三郎→コウシロウ)だからってのもあるかもしれませんね。

鬼ヶ島が花の都に着いたら、「天羽々斬」を誰かが手渡して、完全におでんの気配を纏って戦うのかな!?

 

カイドウは侍を尊敬している面もあるので、ルフィよりもゾロに興味を持ちそう。

むしろ、おでんの代わりとなるゾロに斬られることで、白ひげやロジャーのことをうらやましがった「理想の死」が完成するのでは!?

カイドウに攻撃が効いていない

ルフィが中心となってカイドウへ攻撃を繰り出している展開ですが、誰の攻撃も実は効いていません。

ルフィがカイドウにダメージを与える攻撃ができるようになりましたが、まだまだ勝てるかどうかは怪しいところです。

 

ルフィは最初っからギア4で戦っているので、さらなる上のギアが必要になってくるかもしれませんね。

覚醒の可能性もありますが、周りをゴムにしたところで何?って感じなので、展開がまったく読めません。

ここは、パワーアップができていないキッドがまさかの覚醒というパターンか!?

刀で傷を付けられるゾロが、カイドウにトドメを刺すってのが濃厚になってきたのでは??

エネル戦を思わせる「ゴムだから」

マムの雷攻撃が効かないことに驚く2人ですが、出ましたね得意の「ゴムだから」。

エネル戦を思わせるような展開となりました。

さらに熱息もまともに食らうも、根性で効かないことになっています・・・これはさすがに無理があるのと思いますが・・・。

これで、ゼウスの攻撃もプロメテウスの攻撃もカイドウの熱息も効かなくなりましたね。

 

さすがに四皇2人相手に、ルフィがどっちもトドメを刺すってのは納得しがたいので、ゾロの大いなる活躍を期待したいところです。

ルフィファンの方には申し訳ありませんが、たまには別のキャラが倒して欲しいんですよね。

 

↓のモーガン戦のやり取りをやってくれるはずだと、まだまだ諦めていません。

ルフィ「ナイスゾロ」

ゾロ「お安い御用だ船長(キャプテン)」

ということで、第1002話の感想でした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました