【嵐が尾田栄一郎先生を訪問】ワンピース最終回は4~5年後と明言!全質問

まとめ
まとめ

2020年8月27日(木)オンエアの嵐ツボでメンバー5人が集英社を訪問し、尾田さんとトークを展開しました。

近年は、キムタクとさんまさんが尾田さんの自宅を訪問したり、フィッシャーズが質問したりして話題となりましたよね。

毎回どんな情報が聞けるのか楽しみですが、今回はそれほどワンピースの謎に迫るものではありませんでした・・・。

とはいえ、気になる内容もありましたので、トーク内容をまとめてみました。



ワンピースの最終回は4~5年後

しょっぱなは、尾田さんも23年ぶりとなるワンピース第1話の生原稿を見せてくれました。

「上手いですね」と自画自賛していましたね。

松潤が第1話には伏線とか謎が詰まっているんじゃないかと、気になっている模様。

そこで、相葉くんが構想はどれくらいなのか聞くと、「あと4~5年」と答えていましたので2025年くらいには最終回を迎えるということでしょかね。

 

これまでも2019年の時点であと5年と言っていたので、もしかしたら1年延びている可能性も・・・と期待しています。

大野くんが「最後の終わり方は先生のなかでこれだっていうのは?」という問いに、「間違いないですね」と。

さらに「めっちゃ面白いです」と断言していますので、早く読みたいような読みたくないような気がしますね。

歴代の担当編集者にも毎回ストーリーを教えているので、変わる度に教えるのが大変とおっしゃっていました。

 

自宅にATMがあるのかも聞いていましたが、もちろんないということでした。

これは、2019年にフィッシャーズが訪問した時も質問していましたね。

フィシャーズが尾田栄一郎先生の自宅を訪問した時の全質問まとめ【ワンピース】
ちょうど1年前の2019年8月30日に公開された、フィッシャーズの動画について。 フィッシャーズのみなさんが、尾田栄一郎先生の自宅を訪れて様々な質問に答えてくれています。 どんな質問&答えだったのかをまとめてみました。 ...

嵐のイラスト

20周年に嵐とコラボしたイラストについて、最初は「嵐かぁ~」と思ったとのこと。

嵐を描くのは難しかったようで、かっこいい人を描くのには苦戦したのだとか。

大野くん自身は、自分の顔がどこにいるのか分からなかったといいます。

髪が赤かったから分からなかったようですが、描きわけてバランスを取るためだったとし、大野くんはチョッパーのような存在なんだとか。

 

描いた日は、世界で一番嵐を見つめていたといい笑いをとっていましたね。

相葉くんの絵の口が大きいのは、「口の人」というイメージだったから。

一番難しかったのは松潤の絵で、最初は気を遣いすぎたらしい・・・。

尾田栄一郎の一週間

尾田さんの一週間のスケジュールを紹介。

1日 打ち合わせ・ネーム作成
2日
3日
4日 ネーム〆切
5日 原稿作成
6日
7日
〆切 原稿完成

編集者から原稿の催促がないのかという二宮くんの質問には、「来るんですよ、うるさいんですよ」と笑いを誘っていました。



好きな漫画は?

過去には、「四月は君の嘘」が好きだと公言し話題となりましたよね。

ちなみに、「四月は君の嘘」は実際に面白いので、読んだことがない方はぜひ!

流行には興味があり、ネットで「マンガ 面白い」で検索しているそうです。

嵐のみなさんが検索していることにツッコんでしまったために盛り上がり、今回は特に作品を言わずに終わってしまいました・・・

尾田さんはこんな人ランキング

歴代編集者にアンケートをとり、尾田さんの素顔に迫る「実は尾田さんはこんな人ランキング」という企画へ。

1位 自分のネームで号泣
2位 自分のゲームで??万円課金
3位 冗談が好き
4位 打ち合わせの電話は最大12時間
5位 連載会議に3度落選

 

新人の頃に、ワンピースの連載会議に2度落ちた後、理由を説明するために集英社に来てもらい、編集者が「ネームが良かったから会議を通らなかったのは意外だった」と言うと、尾田さんは「ぼくが一番意外でしたよ」と答えていたというエピソードを紹介。

本人曰く、とがっていたんだそう。

マガジンやサンデーに行こうとは思わなかったのかという質問には、尊敬している鳥山明先生と同じ雑誌での連載しか考えてなかったと。

 

1位のネームで号泣のエピソードは、自分で泣けないようなものを読者に出せないというこだわりです。

レベッカとキュロスの再会のシーンの時のようで、尾田さんも泣きながら描いたんだとか。

好きなシーンベスト3

尾田さん本人が考えた「まだ決まっていないランキング」になります。

1位 ワノ国のオープニング
2位 やだベタベタするわね
3位 空島のキャンプファイヤー

3位は、空島で一番描きたかったシーンで、これのためにストーリーを考えていったようです。

2位は、シャボンディ諸島でシャボンの天然の液体を触ったロビンが触っていったセリフ。

触った瞬間に、ウソップのズボンで拭いたシーンは、ロビンもさりげなく仲間に溶け込んだというささいな良さを描けたうれしさがあったようです。

 

1位のワノ国は、昔から描きたかったと言っていましたから当然でしょう。

今までも忍者とかは登場させたかったといいますが、ナルトが連載されていたので控えていたといい、そんな配慮からも尾田さんと岸本先生の関係性が分かっていいですね。

尾田さんが思う天才ベスト3

鳥山明先生は、殿堂入りなので外していますとのこと。

1位 霜降り明星・せいや
2位 松本大洋先生
3位 アニメ「ゴールデンエッグス」のスタッフ

2位と3位は全く話されてませんでしたが、そもそも天才という言葉を信じていませんとのこと。

1位のせいやさんについては、Zoomの事件にも触れ、ラジオやYouTube動画も観たようで天才だと感じたといいます。

せいやさんもすぐさまTwitterで反応していましたね。

幸せの瞬間ベスト3

1位 健康ランド
2位 肉がピンクに焼けた時
3位 ワンピースのアニメスタッフが仲良い

健康ランドはヘビーユーザーとのことで、もっと早く存在を知っておけば良かったとのこと。

ここで、尾田さんの明言が出ました!

人生の勝ち組は「健康ランド」のそばに住むこと

 

ということで、今回は尾田さんのパーソナルな部分にスポットを当てた企画となりましたね。

連載もあと4~5年ってことですが、毎年のように「あと5年」って言ってくれないかな・・・。



コメント

タイトルとURLをコピーしました